Hotel New Otani Tokyo – ニューオータニで朝食からナイトプールまでゆっくり過ごす週末 –

夏も終わりが近づいてきました。
蝉の声に代わってコオロギや鈴虫の声が聞こえてきて、
毎年この時期は無条件に切ない気持ちになります。

そうは言ってもまだ9月。
まだまだ夏は終わらない、ということで、
先日ホテルニューオータニの「GARDEN POOL」に行ってきました。

料金は昼と夜で異なり、以下の通り。
デイプール(外来客)  15,000円
ナイトプール(外来客) 8,000円
宿泊者         2,000円(再入場可)

この料金設定だったら、いっそのこと宿泊した方がお得では?
となり、結局宿泊もしちゃいました!
宿泊すると、プール、Bar、レストランすべての支払いを部屋付けできるので、
チェックアウトまで財布を持ち歩かなくて良いのが何より便利♡

「GARDEN POOL」とあわせて、ホテルのお部屋やレストランもご紹介します。

*Room*
今回宿泊したのは、400年の歴史を持つホテルニューオータニ東京が最初に開設した「ザ メイン」。
※その他、ラグジュアリーな特別室が用意された「エグゼクティブハウス 禅」、高層ホテルが特徴の「ガーデンタワー」があります。

一番印象的なのが、壁一面に作られた大きな窓。

開放感溢れる空間を演出してくれます。

広い窓から差し込む光が、お部屋の優雅さを引き立てます。

そして、私の一押しがBath Room。
落ち着いた色の大理石に囲まれて、癒しのバスタイムを楽しむことができます。

アメニティも充実しているのが、さすが日本を代表するホテル。

バスローブと浴衣が両方用意されているのも助かります。

クローゼットの持て余すほどの広さにも感動。

*Garden Pool*
チェックインして早速デイプールへ。

パームツリーが旅行気分を盛り上げてくれます。
スカイブルーのプールの色がとても涼やかで、夏の暑さを癒してくれました。

ちなみにバスタオルとバスローブの貸し出しは無料。
受付で渡してもらえます。

ドリンクはプールサイドでオーダーすることができ、アルコールの販売もあります。

2階にはプールサイドダイニング「OUTRIGGER」が。
メイン料理からサイドメニュー、デザートまで幅広いメニューが用意されていました。

デイプールを楽しんだ後はお部屋で少し休憩をして、
再びナイトプールへ。

好きな時にお部屋とプールを行き来できるのが、宿泊者の特権。

DJの演奏で雰囲気ががらりと変わり、大人の特別な時間へ。

DJ EVENTのスケジュールはHPでチェックできます。
※2017年のプールは2017.7/15(土〜 9/18(月・祝)まで。

*Bar*
昼から夜まで思い切りプールを満喫した後は、
宿泊したザ メインの最上階にある「Sky Bar」へ。

エントランスの扉が開くと、目の前に広がるのは新宿新都心の夜景。

店内はラグジュアリーな大人の雰囲気。

ディナータイムに訪れると、なんと窓際の席が回転して、
360度の回転展望となるそう。

今回はクローズ前に訪れたので、アルコールとサイドメニューのみの利用になりましたが、
一日の締めくくりにふさわしい贅沢な空間でした。

*Restaurant*
「新・最強の朝食」と言われている「SATSUKI」が気になったので訪れてみました。

“健康”と“発酵”がテーマのビュッフェ形式となっています。

「ピエール・エルメ・パリ」のヴィエノワズリー コーナー

スーパーフードでカスタマイズできる「ヨーグルトバー」

その他にも玄米卵を使用したオムレツ、
ホテルニューオータニ専用の畑で収穫される無農薬サラダ、
無農薬で育てたピタヤのシャーベットなど、
充実したメニューの朝食を堪能できました。

***********************************************
先月訪れたリッツカールトンに続き、
都内にいながら旅行気分を味わうことができて大満足。

 

長年の伝統が感じられる、ホスピタリティ溢れる癒しのホテル。
一度訪れたら、また絶対に来たいと思ってしまうことまちがいなし。

 

ホテルニューオータニ東京

Address:東京都千代田区紀尾井町4‐1
Tel:03-3265-1111