旅と私

早速御無沙汰になってしまいました。

最近は、私がここまで旅にはまったのはいつからだったかな?
と振り返っていたので、
17歳まで海外に足を踏み入れたこともなかったような私が、
世界を旅することにハマるまでの経緯を
綴らせてください。

特に一歩踏み出す勇気が出ない方には読んでいただけると嬉しいです*

 

遠い存在の海外に憧れを抱く

イタリア
私の周りにいる旅好きな友達は、
幼少期から家族と海外旅行にいっていたとか、
海外に住んでいたとか、
物心ついた時から海外が身近だったという子が多いです。(羨ましいー笑)
育った環境によって、いつの間にか旅が好きになっていたという

私はというと、家族で毎年国内旅行には行っていたものの、
海外に連れて行ってもらったことはありません。

だからなのか、行ったことのない”海外”を未知の世界に感じ、
小学生のころに地理の教科書でフランスの家の写真を見てから、

「いつかフランスに行ってみたい!」

と強い憧れを抱いたのを覚えています。

 
そして、私の記念すべき初海外は、高校のころに研修旅行で行った韓国。
応募制だったのですが、張り紙を見たときに

「ついに憧れの海外に進出できるんだ!」

と一目散に応募したのです。笑

これが小さな最初の一歩。

初の海外はいつもテレビでみていた「韓国」が本当に実在することに
興奮しっぱなしでした!
空港からホテルへ向かうバスの中から見える建物やハングル文字にくぎ付けになっていたことを覚えてます。

 

小さな一歩から大きく広がった世界観

波照間島
大学時代は、自由人・高橋歩さんの本を読んで以来、
バックパッカーや一人旅たるものにあこがれを抱きはじめました。
ご近所、親戚どこに行っても末っ子で、小さい頃から甘やかされて育ったことがコンプレックスで、
何か自分一人で成し遂げてみたいという気持ちが強かったように思います。

勇気を出して一歩踏み出したのが、八重山諸島を周遊する1人旅でした。
これも私にとっては小さなバックパッカー体験。

この小さな一歩をきっかけに私の旅好きに拍車がかかり、
毎年のようにひとりで八重山諸島に足を運んだり、
鈍行列車で宿も行先も決めずに日本を周遊したりと
アドベンチャーな旅にはまりました。

そして、海外へのあこがれもさらに強まり、
大学時代にオーストラリアへの短期留学も経験。

たった1か月間だったけれど、
夢のように毎日がきらきら輝いていて、
ここでは「海外に住む」ことの面白さに魅了されたのです。

それからは、「海外に長期滞在してみたい!」という夢ができ、
自分で貯めたお金で長期留学することを決意。

 

海外留学の資金を貯めるために就職

グランドキャニオン
大学卒業後は、留学資金を貯めるために給料が高めの外資系損害保険会社に就職し、
着々と準備を進めて3年半で退職。
2週間後にはイギリスへ出発しました。

イギリス留学とヨーロッパのバックパッカー

イギリス留学

イギリスでは、語学学校に通っていました。
私が行ったのは、ロンドンの南にあるブライトンという素敵な街。
語学学校には日本人がほとんどいなかったので、英語が身につくのも早かった気がします。

そして、留学中に念願のバックパッカーでヨーロッパの鉄道旅を実現!
ドイツ

これがかなりアドベンチャーで、Wi-Fiもないし、
男性と共用の格安ドミトリーを渡り歩くしで、
刺激的で今までで一番思い出深い旅となりました。

 

そして、半年後に帰国し、また2週間後には渡米。
めまぐるしすぎて、いまどこにいるの?とよく聞かれたものです。笑

1年間のアメリカ留学

アメリカ留学
アメリカではLAの南にあるオレンジカウンティという街に1年間滞在し、カリフォルニア大学で国際ビジネスを学びました。
大学のサークルに入ってキャンパスライフを満喫したり、現地の企業でインターンをしたりと、
憧れの「海外に住む」ということを少しだけ経験できました。

滞在中は、これまた憧れだった手つかずの大自然「グランドサークル」を巡ったり、
自分の運転でRoad tripをしたりと、勉強と並行して旅も大満喫!

そして、現在に至る


帰国後は、都内でOLをしながら、次の旅を計画することを楽しみに、日々過ごしています。

今の旅のスタイルは、日々の日常の疲れを癒すべく、
少し良いホテルに泊まって非日常を味わう「贅沢旅」や
予定を詰め込みすぎずにまったりゆったり過ごす「ゆる旅」にはまっています♡

 

ライフスタイルによって変化する旅のカタチ

メキシコ
学生時代はアドベンチャーな節約旅、
社会人になってからは短いおやすみの中で少しお金をかけたラグジュアリーな旅…

そしてきっとこの先、結婚して子供ができたら、また旅の形も変わるだろうし、
同じ場所に行ってもそこで感じることや撮る写真も違うと思う。

そうやって、年齢によって旅のスタイルが変わったり、
一緒に行く人によって全く異なる経験になることも旅の醍醐味。
その時その時の自分に合ったスタイルで、
形は違えど、生涯旅はし続けたいと思っています。

 

周りの環境ではなく、すべては自分次第!

ホワイトサンズ
今日お伝えしたかったことは、
お金持ちや帰国子女じゃなくても、
育った環境がグローバルじゃなくても、
自分の一歩踏み出す勇気で大きく変えることができるし、要はすべて自分次第だということです。

その小さなきっかけを、待っているだけではなくて
自ら作ることが大切だと実感しています。

 

韓国への研修旅行にドキドキしながらも勇気を出して応募した私は、
今ではどこへでも一人で行けるほどにたくましくなってしまいました。

それが良いのかはわからないですが、
少なくとも学生時代に自分が憧れていた理想には少し近づいている気がします。

 

今年始めた「旅について発信すること」はもちろん勇気のいることでしたし、
今このように自分の考えを公の場で綴ることに対する恥ずかしさもまだあります。

ただ、これにより旅好きな友達がこの歳になってできたり、
同じ感覚や価値観を持つ方からメッセージをもらえたりと、
確実に得るものが大きいのです。

 

このような自分の活動が、少しでも旅の参考になっていたり、
一歩踏み出すきっかけになることがあれば、
勇気を出して始めてよかったなと思えます♡

長々と自己満な内容にもかかわらず、
最後まで読んで下さり、
ありがとうございました。