• HOME
  • Okinawa / 沖縄
  • 極上の島時間に癒される!星のや竹富島のおすすめの過ごし方6選

極上の島時間に癒される!星のや竹富島のおすすめの過ごし方6選

極上の島時間に癒される!星のや竹富島のおすすめの過ごし方6選
Okinawa / 沖縄

こんにちは、トラベルライターのMaRiです。

沖縄の石垣島からフェリーで10分のところにある竹富島のラグジュアリーホテル「星のや竹富島」。
今回は「星のや竹富島」でのおすすめの過ごし方をご紹介します。

1. 星のや竹富島のアクティビティに参加

まず最初にご紹介したいのが、「星のや竹富島」で体験できる貴重なアクティビティの数々。
施設の中で過ごしていても、アクティビティ体験を通して竹富島ならではのゆったりとした島時間を感じることができます。
今回は実際に私が体験したアクティビティや体験を5つご紹介します。
※アクティビティは内容は変更になる場合があります。

竹富島 文化体験「織あそび」

竹富島 文化体験「織あそび」

竹富島伝統の足踏み式木製織り機で実際に織り物を体験できる「織あそび」。

島民の方からの指導を受けたスタッフの方のレクチャーのもと、コースターを作成しました。使用している糸は植物から作られ、さらに植物染料で染めているとのことでとっても綺麗な天然色。

最初は慣れない作業に一苦労で、見本のようなコースターを作れるのか不安でしたが、慣れてくるとリズミカルに織れるようになり、気づいたら夢中になって楽しんでいました!

自宅でも使えて、旅の思い出に残るのでとてもおすすめ。琉球ガラスややちむんとの相性も抜群です*

竹富島 文化体験「織あそび」

開催期間:通年
料金:1,210円/1名様(税・サービス料10%込)
時間: 10:30-/11:15-/12:00-
予約:必要(当日10:00まで)

島のひととき「ジーマミー豆腐」

島のひととき「ジーマミー豆腐」

滞在中いつでも利用できるゆんたくラウンジで、14:00〜15:50の間に提供されている「ジーマミー豆腐」。冷たいアイスとキャラメルソース、黒糖ピーナッツがジーマミー豆腐との相性抜群でした!

チェックイン後やランチの後にゆっくり休憩するのにおすすめのアクティビティです。

島のひととき「ジーマミー豆腐」

開催期間:通年
料金:無料
時間: 14:00〜15:50(ラストオーダー)
予約:不要

宵のひととき

ディナー後のくつろぎにおすすめの体験「宵のひととき」。

私が訪れたときは、「月夜の泡盛カクテル」として日替わりの泡盛とシロップを合わせたオリジナル泡盛カクテルを楽しむことができました。

こちらの体験はなんと無料!お酒好きの方には堪らないはず*

開催期間:通年
料金:無料
時間:19:30~20:30
予約:不要

てぃんぬ深呼吸

夜風が心地良いプールサイドで行う「てぃんぬ深呼吸」。

八重山諸島の星空は、2018年に日本で初めて「星空保護区」に選ばれたほどの美しさを誇ります。
そんな満天の星の下で、月のパワーを感じながらゆっくり行うストレッチ。気持ち良すぎて、そのまま寝てしまう方もいるそうです*

「てぃんぬ深呼吸」は快眠を誘うストレッチと深呼吸を行うので、夜寝る前のアクティビティにぴったりです。

開催期間:通年
料金:無料
時間:21:15〜21:45
予約:不要

よんなー深呼吸

よんなー深呼吸

朝の爽やかな風を感じながら行うストレッチ「よんなー深呼吸」。星のや竹富島の近くにある「アイヤル浜」で開催されます。

この日は見えなかったのですが、天気が良ければ朝日を浴びながらのストレッチが叶います。徐々に明るくなっていく空と共に、身体が気持ちよく目覚めていくのを感じました。

開催期間:通年
料金:無料
時間:6:20〜6:50
予約:不要

朝のお目覚め水「桑の実ビネガー」

朝のお目覚め水

朝のストレッチ後は「朝のお目覚め水」でほっと一息。この日のドリンクは「桑の実ビネガー」でした。

ソーダで割ることもできますが、私は胃に優しそうなお湯割りで。とても優しい味わいで朝の一杯にぴったりです。

開催期間/strong>:通年
料金:無料
時間:6:30〜7:30
予約:不要

2. 非日常を感じながらお仕事タイム

非日常的を感じながら贅沢なワーケーション

今回私は「さよなら花粉ワーケーション」プランで滞在させていただいたので、旅中も毎日お仕事タイムはとっていました。
※現在は販売を終了しています。

私のように旅中にお仕事をしなければならない方も、「星のや竹富島」なら島時間に癒されながら優雅なワークタイムを過ごせます。

一戸建てのプライベート感がある客室はもちろん、ライブラリーラウンジやプールサイドなど敷地内は無線Wi-Fi完備なのでどこでもお仕事ができるのがありがたい環境でした。

南風コワーキングヴィラ

南風コワーキングヴィラ

「星のや竹富島」から車で約5分の場所にある快適に仕事ができる設備が整ったコワーキングスペース「南風コワーキングヴィラ」。スタッフの方に声をかけると送迎してもらえます。

コワーキングヴィラは広い中庭と竹富島の伝統的な平家の建物で、開放的な空間の中で癒されながら気持ちよくお仕事できました。
客室でも十分静かに作業できるのですが、やっぱり同伴者と離れて集中できる場所があるのは本当にありがたかったです*
フリードリンクやWi-Fi、コンセント、プリンター、スクリーン、ホワイトボードなど、仕事のための設備や環境が整っています。

「青空ブレイクタイム」では、オリジナルブレンドコーヒーと島のおやつが提供され、仕事中の小休憩もできました*

南風コワーキングヴィラ

3. インルームダイニングで贅沢なお食事

インルームダイニングで贅沢なお食事

連泊する場合は、レストランだけでなくお部屋でいただくインルームダイニングもおすすめ。南風(ぱいかじ)が吹き抜けるように綿密に設計されたお部屋での食事は最高に贅沢な時間でした。

インルームダイニングのランチ(さよなら花粉ワーケーションプラン限定)

インルームダイニングのランチ

「さよなら花粉ワーケーションプラン」では、ランチを客室でゆったりいただくことができます。
メイン、サイド、デザートをそれぞれメニューから選ぶことができ、私たちは以下のメニューをチョイス。
※「さよなら花粉ワーケーションプラン」は現在は販売を終了しています。

メイン:炙りラフテー丼と炙り軟骨ソーキそば
サイド海ぶどうともずく酢
デザート:冷ぜんざいとフルーツ

仕事のタイミングに合わせて好きな時間にとることができるので、ワーケーション滞在にはぴったりでした。

インルームダイニングのディナー「命草薫る島鍋」

インルームダイニングのディナー

今回インルームダイニングでいただいたディナーは「命草薫る島鍋」。
こちらは予約が必要で、私たちは前日のうちに予約しておきました。(前日の18時まで予約可能)。

食事の内容は、黒毛和牛と豚肉やハンダマ、つる菜、長命草など種類豊富なお野菜がメインです。八重山そばと同じスープにシークヮーサーを入れながらいただきます。本土のしゃぶしゃぶとは一風変わり、まさにここでしか味わえない沖縄ならではのお料理です。

インルームダイニングのディナー

4. 竹富島散策で八重山の自然と伝統に触れる

八重山諸島・竹富島

せっかく竹富島に滞在するなら、やっぱり島内観光も欠かせません。島内を一周したいのであれば、徒歩で周るには少し広いので、レンタサイクルがおすすめです。
各スポットの近くまでは「星のや竹富島」から送迎バスが出ているので、自転車を利用しない場合は送迎バスの利用がおすすめ。

実は竹富島に訪れるのは4回目。10代の頃から何度か一人旅で訪れるくらい大好きな島なので、今回は竹富島の魅力も少しだけご紹介します。

竹富島の夕陽スポット「西桟橋」

竹富島の夕陽スポット「西桟橋」

竹富島の夕陽スポットといえばここ「西桟橋」。定期船が終了後の時間にしか見られないので、この景色に出会えるのは宿泊者だけの特権です。
オレンジ色に染まった空が遠浅の海に反射していて絶景でした。

お昼の西桟橋もまた違った景観で美しかったです。

竹富島の集落を見渡せる「なごみの塔」

の集落を見渡せる「なごみの塔」

「なごみの塔」は島内で一番高い塔で、竹富島の集落を一望できます。老朽化に伴い、2016年に一時閉鎖になってしまいましたが、今後また登れるように修復作業も完了しているとのこと。また一番上に登れる日が待ち遠しいです!

2022年4月時点では塔の麓までは登れるようになっていたので、そこからの風景を楽しみました。
「竹富島に来たなー」と実感できる代表的な景観です。

の集落を見渡せる「なごみの塔」

遠浅で透明度抜群の「コンドイビーチ」

遠浅で透明度抜群の「コンドイビーチ」

西桟橋から南に進むと現れるのが、透明度が高い海が遠浅に広がる「コンドイビーチ」。

真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海のコントラストがとても美しく、写真好きな方にもおすすめです。

更衣室やシャワー、トイレも完備されているので、遊泳する観光客で賑わっているスポットです。

星砂探しで有名な「カイジ浜」

砂浜に星の形をした砂があることで有名な「カイジ浜」。

ビーチに出て少し右側に進むと、ガジュマルの木にぶら下がったブランコがあるので、ぜひ星砂探しと合わせて楽しんでみては?

竹富島でおすすめの食事処

そば処 竹の子

八重山そばやソーキそばが大人気の創業40年の伝統的なそば処。私も竹富島にきた際は必ず訪れる定番の食事処です。

ぱーらー願寿屋

島の方に「スイーツならここ!」とおすすめしていただいた「ぱーらー願寿屋」。

パフェが有名だそうで、私たちは珈琲ベースの「大人のパフェ」と紅芋ベースの「うちなーサンデー」を頼みました。

パーラーターミー

西表島と小浜島で食べてからハマった黒糖ソフトクリーム。竹富島では「パーラーターミー」で波照間島産の黒糖を使用した黒糖ソフトいただくことができます。

店員さんがとても親切&フレンドリーで、日焼けがひどい夫を心配して、日焼けに効く冷却スプレーまで貸してくださいました!

5. 極上のスパで癒しの時間を

極上のスパで癒しの時間を

長旅には欠かせない、疲れを癒してくれる極上のスパタイム。

まずはハイビスカスのエキスとシロップで作られたウェルカムドリンクと足湯で心を落ち着かせてリラックス。

アロマはラベンダー などのリラックス系、ユーカリなどのさっぱり系、甘い香りのフローラル系の3種類から選ぶことができました。

極上のスパで癒しの時間を

今回私が体験したコースは、海の恵みとされる海藻を使用したトリートメント「海の恵み いんぬふぁーすん」。

全身のオイルマッサージに加えて、背中に発熱性の海藻パックを塗って体を温めていただきました。普段なかなかケアができない背中の保湿にも効果があるそう*
気持ち良すぎて、序盤から眠りについていました。。。

トリートメント後はマンダラ茶と紅芋チップス、塩ドライトマトをいただきながら一息。最後には自宅でも飲めるようにと、マンダラ茶のプレゼントまでいただきました*

竹富島ならではの風景やこれまでに体感した癒しの島時間も相待って、都会のスパでは決して感じることができない心の底からほぐされていく心地良さを感じました。

「星のや竹富島」で心の底から癒される休息を

4. レンタサイクルで竹富島観光

「星のや竹富島」では、島の伝統的な文化体験からここでしか味わえないお料理の数々、島の素材を使用するトリートメントなど、「島時間」に合わせた癒しの体験がたくさん用意されています。

日常から離れてデジタルデトックスをし、自然のリズムに合わせて生活してみるとより竹富島の魅力がわかるかと思います。

「星のや竹富島」での滞在を通して、何もせずただそこにいるだけで心の底から癒されていく感覚を味わうことができました。

Address:沖縄県八重山郡竹富町竹富
Tel:0570-073-055 (予約専用)

Instagramでは、ブログよりタイムリーな旅の発信をしています。お気軽にフォローお願いします*
Instagram:@tg_mari729

You may like...

About Me

ハレクラニのラメール

 

「頑張った自分にご褒美を」をテーマに、
壮大な自然・絶景に触れる旅や上質なホテルのおこもりステイなど日常から離れて心身を癒すリトリート旅行の魅力を発信しています。

最近は場所にとらわれない働き方を追求し、旅先で仕事をするワーケーションの魅力も発信中。

♡好きな旅のスタイル:絶景/自然/離島(特にハワイと沖縄)/ホテルステイ